忍者ブログ
走り続けるアタシの幸せな日々。 Seu sussurro me faz feliz.
足跡
大福帳
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新術発表
(09/23)
(09/22)
(09/19)
(09/18)
1+1
(09/16)
同志進言
[09/12 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[12/25 まさまさ]
[12/17 Lieut.]
愛玩動物
癒しの愛の手をどうぞ
忍法帖
HN:
篁 紅夜
性別:
女性
職業:
女OLキャバ嬢そして母
趣味:
はたらくこと
ココロの色
[talk]を押すヨロシ
堕落生活
だらだらしちゃってます。
時の刻
時は刻々と過ぎる…
体調管理
そなたと某の調子は如何に?
忍術探索
最古記事
(10/16)
(10/16)
(10/18)
(10/19)
(10/20)
虎の足跡
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近店の給料に疑問を感じまくっている紅です。こんにちは。

でもね、結局どんだけ頑張ったか、ってことみたいなんですよ。
そりゃわかりますけど、せっかく同伴したのにもう一人女の子呼んで何故かそれが場内じゃなくて本指名扱いになってたせいで売上折半です、って納得いきません。
もう一人、の方が絶対お得じゃん。
メシ喰えるったってその間仕事みたいに気ぃ使うのに給料なんかないわけで。

その子がすごい話題振ってくれてあたしがラクになるかっていうとそうでもなく、あたしかお客様が振ったネタをその子にもわかるように投げてあげる、と言う感じ。
特に言っていることがよく聞き取れないお客様の場合は何を言っているかがつかめないのであたししか笑ったりできなくてとても困ります。
それでもその人が気に入っているのだからそれで満足ならいんですけど。

稼ぎたいならもっと早い時間から出勤するか、日数増やすか。
時給を考えると早い時間から出たほうが確実に稼げるんだけどそうなると仮眠時間がなくなる。
どうせひさちゃんと会ったりするんだから変わらないだろ、といえばそうなんだけど気持ちが違うし眠い素振りなんて客席でできないんだから(とはいっても出ちゃう時もしばしばw)やっぱり違う。

ひさちゃんにはきっぱり向いてないと言われるこの仕事ですが、そこまでイヤってわけじゃないのは飲むこととかその雰囲気とかが好きだからでしょうか。
ただ理不尽なことが嫌いなんです。
こうすればよくなるのに、ってわかってるのにできないのとか、すごくストレスなんです。

だからそんな切羽詰った感じじゃないバーとかがいいんです。
居酒屋とかでもいんですけど。

そんなことを考えてしまうようになったあたしはもう限界なんだろうなぁと思うわけで。
2つ仕事をするということより、キャバクラで働くということが限界。
やっぱりキャバクラは若くてちょっと頭の弱いかわいい女の子と楽しみに行くところだと思うんですよ、客としては。
それなりの歳の子と飲みたいならスナックとかでいいよ、って飲みなれた人なら思ってるはずだし。

それでも家庭の事情であたしより5コ上の人も働いてますけどね。
自分の大切にしたいものはなにか、ってこと。
その人は家計を助けるためのお金が大事。
貯金をして安心したいという女の子が大切なのも、お金。
座って待機してるだけで金もらえると思ってるのか、という店長も「稼ぎたいでしょ?」という。

確かに稼ぎたいから働いているには違いないんですけど。
以前から何度もこの類の話を記事にしているわけですが、あたしの欲しいのは仕事への評価としてのお金。
ちょっとのことを過大評価されて沢山お金をもらうのはラクチンだけど気持ち悪い。
何もわからないうちは今後の先行投資として仕事の評価よりも多いお金をもらう。
仕事を覚えたらその多くもらったぶんの仕事を返す。
さらに慣れたら仕事の質を考えて名実共になるように仕事をする。

基本的な仕事への考え方はそんな感じ。
こうしてまた金じゃない、と言うことでどうしてもそこにこだわっているように思われるんだろうけど(笑)それだけあたしが評価されるということにこだわっているからなんだろう。

ここ1年、楽しむための道具としてお金を使ってきたためやっとお金=生活、のイメージが崩れてきた。
必要不可欠だけど、多くは何かをするための手段だ。

そう思うと、しつこいぐらい「金で何とかなるなら簡単だ」と何度も言うお客様と同伴するのが苦痛になってきているのも仕方がないことなのかもしれない。

da75a399.jpgそんなお客様と同伴したお店にて。
料亭とまではいかないが、ものすごく腕のいい料理人さんがいるお店。

谷中生姜を鳥や花に見立てて切られたものと、鯛とヒラメのエンガワの炙り。

他にも付き出しに湯葉刺しと貝の煮付け、刺身盛り合わせとか色々。

食べるペースに合わせて次々出してくれます。



006a5da4.jpgそしてメインの松茸土瓶蒸し。

実はアタクシ松茸初体験です。
ちなみにここでは鱧(ハモ)も初体験させて頂きました。

うーん、さすが話題になるだけあります、土瓶蒸し。
この汁めっちゃうまい。
一緒に酢橘がついてきたけどもったいなくてかけたくないぐらいうまい。

さらに松茸が乗った冬瓜のあんかけも出てきて幸せ。
美味しいものって幸せになれます。
例えめんどくさい人と一緒だったとしても、美味しい物を口に入れて味わうそのひと時は自分だけのもの。
そのひと時があるから、同伴もできるというもんです。

しばらくその方日本にいらっしゃらないので、いない間にツケで鰻でも頂いておこうかと思います♪
さすがにひさちゃん連れてったら後で何言われるかわかんないのでお子たちと行きますけどね。

こんな生活も、あと数ヶ月、ですかね…。
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
無題
投稿者: chocoice URL 2008/08/25 15:15 編集
相変わらず、熱いね!(笑)
それだけ、評価と報酬が結びついた考え方があるから
きっと、その仕事向いてないっていう部分もあるのかもしれないね。
だって顔がかわいいだけで全然仕事できなくても
指名取れちゃう子とか、やっぱ居るんだよね?
それは「顔が可愛い」という評価で報酬を得ている、という理解で紅は納得できるの?
でも、ある意味そういうのが通用しちゃう世界でもあるよね~
もちろん他の部分を見てくれるお客さんもいるんだろうけど
確かにそこを求めるなら、キャバクラには来ないんだろうと思うし。

紅のお店の考え方がおかしいというよりかは(てかよく知らないけど)
紅の、仕事:報酬に対する考え方と合わないんだろうね。
理不尽がまかり通る世界なような気がするけどなぁ、キャバクラってだけで(笑)
やっぱり普通の会社とは違うと思うもん。
無題
投稿者: ( :。)ミ 2008/08/26 01:08 編集
(・∀・)b まだまだたちこ丼も捨てたもんじゃないさ!
無題
投稿者: ヒロッ URL 2008/08/26 02:04 編集
早いなぁ、
もう土瓶蒸しかぁ。
あ!
酢橘は猪口の口を付ける所にそっと塗って、
けして土瓶の中に絞ったり放り込んだりはしないように。


仕事したから報酬があるわけで、
その内容が問われるのも仕事。

でも水商売なんて、
お客さんから巻き上げて、
ホステスから巻き上げて、
自分たちが損をせえへんような作りになってる。

上がって行くのは頭の良い人、
更に頭の良い人は自分で儲ける為に独立する。

生き馬の目を抜くなんて大層やけど、
そんな世界やとこの大阪のミナミで思いました。

紅さんは仕事に忠実でありたいんやろな。
でも、
お客さんからは儲けてナンボ、
ホステスからは削ってナンボ。

まだ料理屋の仲居さんや女将さん修行の方が似合うよ。

ちょこ>
投稿者: 紅 2008/08/26 15:21 編集
熱いのかなぁ?(笑)
すごいこだわってるだけな気がしないでもないんだけど、これは変えられなくてねw

顔がかわいいだけで仕事できなくて指名とれたら回数続かないかな。
とりあえず客の相手はできても同じテーブルに着いた子に気が回らないとかさ、そういう子はいるけどそれはそれで客が満足してれば指名も回数重なって、=評価=報酬ってことになるから納得できるよ。
その見た目部分が自分にないの分ってるから違うアプローチをしてるわけで、それはそれで重宝されてるけど重宝でしかなく、報酬には繋がらない。
それが会社のシステムだから。

これはひさちゃんも疑問を抱いてるとこなんだけど、うまくそれを利用する、っていうことが下手くそなんだろうね、あたし。
だからこういうシステムには向いてない。
普通の会社とは違うのは、すごく「人として」みたいな能力が見えるところだと思うんだよね。
良いにしろ悪いにしろそれがすごくよく見えて、良いから稼げるわけじゃない。
そこがあたしが面白いと思ってるところなんだけどさ。

長くやるもんじゃないね(笑)
蛸>
投稿者: 紅 2008/08/26 15:22 編集
さんきゅう☆
まぁ捨てたもんじゃないんだろうけど確実にフィールドは間違ってるよね(笑)
歳相応、分相応、ってさ。
ヒロッさん>
投稿者: 紅 2008/08/26 15:27 編集
えー!!
誰も教えてくれなかったからがっつり中に絞っちゃっいましたよー(つд`;)
もう次回はないだろうからなぁww残念です。

確かに水商売は上が儲ける仕組みになってるんでしょうね。
ここで上がっていくのは頭がいいのか…
狡い(こすい)感じがしてしょうがないんですけどね~。
儲けることが目的でもないのがおかしいんでしょうね。

やっぱり小料理屋のために修行するのがいいんすかね?!(笑)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 紅の日々 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]