忍者ブログ
走り続けるアタシの幸せな日々。 Seu sussurro me faz feliz.
足跡
大福帳
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新術発表
(09/23)
(09/22)
(09/19)
(09/18)
1+1
(09/16)
同志進言
[09/12 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[12/25 まさまさ]
[12/17 Lieut.]
愛玩動物
癒しの愛の手をどうぞ
忍法帖
HN:
篁 紅夜
性別:
女性
職業:
女OLキャバ嬢そして母
趣味:
はたらくこと
ココロの色
[talk]を押すヨロシ
堕落生活
だらだらしちゃってます。
時の刻
時は刻々と過ぎる…
体調管理
そなたと某の調子は如何に?
忍術探索
最古記事
(10/16)
(10/16)
(10/18)
(10/19)
(10/20)
虎の足跡
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とっても嬉しくて、とっても幸せ。

お金はないけど、暮らせない程じゃない。

贅沢はできなくても、幸せなだけで十分贅沢。

物事には順序があったり、タイミングがあったりするけど、あたしはあたしとひさちゃんの勘を信じる。
同じ時期に同じ勘が働いたなら尚更。








あと3日で正式に付き合い始めて2ヶ月。

あたくし、ひさちゃんにプロポーズされちゃいました。

やっと、見付けた気がします。
PR
なにかと最近ちまちました仕事が多く、なかなか更新できない紅です。こんにちは。
今日はどうしてもアップしなくては、と軽く急ぎ気味(笑)

前前から計画していた通り、昨日はズル休みデートdayでした♪
もちろん行き先は海☆
もうね、こんなに一緒に海でボンヤリすることを満喫してくれる人なんていないよ。
ほんとに、ひさちゃんと出会えて良かったといつも思う。
その幸せなことをぼんやりしながら感じて、あぁ、嬉しいなぁ、って思うと勝手に顔が緩んでにまにましちゃって、そんなにやけ顔で見つめてるとひさちゃんに「なぁに?」って言われる。
「だいすき」って返すと、「不意打ちはナシだよ~」と相好を崩すひさちゃんはかわいい。

まぁそんな話は鬱陶しいので置いといて(笑)
9時にひさちゃんを迎えに行って、海に向かうのにうっかり道を間違え遠回りしながら11時に葉山デニーズに到着。
ほんとはデニーズ先の駐車場に停めよう、と言ってたんだけどオンシーズンで1日1500円。
そんなに長居しないよねぇ、ってことで休憩がてらデニーズでお茶してからすぐ下の海岸へ。
海は遠浅になってるけど岩場と砂利なので思ったより相当キレイ。
これ江ノ島とかの砂浜だったらばっちくてしょうがないよ。
ひさちゃんもここの海岸に下りたのは初とのことで、こんなにキレイだとは思わなかった~、とサンダルで海に入り、波にズボンが濡れると「もういいや、あっち行きたい」と服のままずぶずぶ先の岩場へ。

この日は色違いお揃いのアロハっぽいシャツを着てたんだけど、ひさちゃんはシャツの裾を結んで海に入っていった。
でもアタシは背が足りないのでシャツも濡らしながら「いっそ泳いでしまいたい」と言いながら岩場の先へ。
こんなことなら水着着ればよかったー!!と激しく後悔しながらも、やっぱり海は気持ちいい。
岩場の先の方に灯台と鳥居があるのだが、ちょうど灯台あたりを船が通るらしく、岩が途切れてて鳥居までは行き着けないっぽかった。
てゆうか服のままじゃムリでしょ、ってことで断念(笑)

岩場のスキマに生息するナントカっていう貝の仲間みたいなやつとかフジツボとかをつっついて遊んで、隙間にいるカニを追い立ててみたり、謎のぐんにゃりしたちっこいイキモノを突付いてぺしゃんこにしたりとかして遊ぶと、海風に当たりながらぼんやり。
下らない話でボケツッコミとかをしながら(笑)

そろそろお腹が空いてきたね、風も強くなってきたし、ということでどのくらい経った頃だろう、乾き始めた服をまた濡らして戻らなきゃ、と海に入ると「深くない?!」とびっくり。
ちょうどお昼過ぎだったので潮が満ちてきてたらしく、アタシなんてすっかり首まで浸からないと歩けない。
「絶対泳いだ方が速い!」とざばざば服のまま泳いで着岸したが、ひさちゃんはタバコを持ってたのでそれができず、頑張って歩いて戻ってきた。
「なんでタバコなんて持ってきたんだろ~」と言いながら(笑)

なので、写真は撮ってませんw
まさか満ち潮にやられるとは思ってなかったので、携帯持って来てたら酷いことになってたね、といいながらびちょびちょの服を車で着替え、お昼を食べに行った。

ランチは兼ねてから気になっていた海岸沿いの山側中腹にあるDELLA SERA
絶対あそこ見晴らしいいよ!!って思ってたのでひさちゃんと前回行こうとしたのだがどっから行くのかわからず渋滞もひどかったため断念したところ。
今回も駐車場案内の看板が小さくてわかりづらく、通り過ぎてしまって戻ってきたのだけどその間に上手いこと店の前の駐車場が空いたのでそこに停めて行ってみることに。

海岸通りにあるのはAMALFI
ここのテラスでも十分海を堪能できそうなのだが、やっぱり山の上にあるやつが気になるので矢印の案内に従って店の裏に出る。
店のすぐ裏は江ノ電七里ガ浜駅。
駅のホームの横に細い階段があるのだが線路が手前に。
え?これ線路歩いていいの??と心配になりながらもお店の看板があるので鬱蒼とした山の中を登っていく。
階段の途中で「この先私有地です」みたいな看板があり、「え?着いてみたら人んちとかないよね?!」って言いながらさらに上っていくと白い家の玄関と、右手にテラス。
赤いパラソルが並んでたので合ってた~!と安堵してテラス席へ。
向こうの席に座ってる金持ちそうなカップルは赤ワインを飲んでいて、やべ、うまそう!と思ったアタシは「飲んでいい?」とひさちゃんにお伺い(笑)

単品メニューはピザが殆どでパスタはコースに少しあるだけ。
なので、アタシは前菜つきコースと白ワイン(前菜とサラダに合わせて、ね♪)、ひさちゃんは前菜いらない、と前菜ナシのコースを注文。
待つ間目の前に広がる湘南の景色を堪能♪
b794e6d2.jpg

赤いパラソルがお店の目印って感じでかわいい。
写ってるのは横須賀。
反対方面には天気がいいと富士山まで見えるらしい。

この日は曇りだったので残念だったけど。

すっごい暑かったから出てきた水はあっという間に温くなってしまい、白ワインもメインが来る前に飲み干しました♪
だってぬるくなったらマズイもんw

f257f373.jpg
そしてやってきたメインたち。
前菜撮りわすれちゃってサラダとメインしか写せませんでした(-_-;)

ひさちゃんの頼んだ空豆とベーコンのピザと、アタシの頼んだタコとオリーブのパスタ。
どちらも美味しかったですが、この景色じゃなかったらちょっと納得いかなかったかもしれません(^_^;)

店員さんがちょっと残念だった(-_-;)
アタシもひさちゃんも接客業をしてる(た)のでサービスには厳しい。
最近は素敵なサービスのできるお店は少ないです。店というか、人なんだろうけど。

それから景色をたっぷり堪能して、いくら着替えたとはいえ潮でべったべたな身体とばりばりの髪をさっぱりすべく海沿いのホテルへIN。
窓から海が見えたらいいな~なんて思ったらがっかり、反対の住宅地側でしたよ(-_-;)
とりあえずさっぱりすっきりして存分にいちゃいちゃして(笑)、海で疲れたので少し寝てから貸し出しのwiiで対決してみた。
wii sportsをやったんだけど、ボーリングは甥ッ子とたまにやるらしく、慣れた感じでひさちゃんが有利。
そのあとテニスをやったら利き手が違うせいかへなちょこなひさちゃん(笑)
アタシでも勝てるやつがあったぁ!と喜ぶアタシに「違うのやろ」とひさちゃんはゴルフを選ぶw
パンヤで慣れたあたしには相当やりづらい使い方で、酷いスコアになったところで時間になり、チェックアウトして海を後にした。

楽しい時間はあっという間だねぇ、と言いながら地元に戻り、空腹を満たすためひさちゃんの希望でラーメンをすすり、ひさちゃんの家へ初おじゃま。
元々会社の事務所としてた社長の家なのでソファも事務所。
だら~っとしながら一緒に下らないお笑い番組を見て笑い、1時ぐらいになって眠さのピークがやってきたのでひさちゃんのお布団で就寝。
暑い………けど、くっついていたいのでした。

来月は夏休みがあるのでズル休みデートはナシ。
花火大会に行けるよう、子供をどうにかすべく計画ちうなのでしたw





会社のパソコンの調子が悪いのか、監視されててネットしすぎよ!!ってことなのかわからないけど、打ち途中だった記事が吹っ飛んだ。

やる気なくす・・・・・・・(-_-;)

会社ではそろそろ講習が始まりそうだし、来年からの予定も色々あり、やっぱ楽しい職場だなぁと思ってるところです。

今日は生理なので特にやる気が出ないのかもな~。
でも全然腹痛がないので夜の仕事中痛くならないか不安です。

そんなこと考えたらいたくなってきた気がする(-_-;)
意識の問題なのか?w

昨日朝からひさちゃんと連絡が取れなくて、忙しいのかなぁと思ってたんだけどお昼ぐらいになっておかしいなぁと思い、携帯忘れたのかも、って思いつつ夕方にはもしかしてなんかあったら、と考えてしまった。

今現在、の話をすれば一緒に住む計画でちょいちょい物件探したりしてて、いつ親に言おうか、とかも考えてる。
そのくらいの気持ち、っていうのと生理がきそう、っていうのもあって一昨日は子作りに励んでしまいました。

なので、もしひさちゃんになんかあったらどうしよう、どうなるのかな、って妄想が膨らみ、子作りはなんかの予感で、ひさちゃんの生まれ変わり的にデキてて、社長とかに連絡して親とかに会って「生みます」とか言うのかなぁとかアホなとこまで考えてしまったのでした。

夜になって案の定携帯忘れちゃってた、って電話が来てその話をしたらバカウケで(笑)「そう簡単に死なないから大丈夫だよ~」って言われた(笑)
そしたらまた恋しくなって早く会いたくなっていつものようにまたいっぱいいちゃいちゃしたんだけども。

35a21dc7.jpgそうそう、こないだのうそこメーカーで相性やったの載せるの忘れてましたw

左がアタシで右がひさちゃん。

やっぱり負けてる(笑)
確かにひさちゃんには敵わないよ。
負けず嫌いハンパないしね(笑)

それでもいいんだ、アタシはアタシなりにたまらなく欲してて恋しいということを楽しんでるから。
そして、思いやったりするってことを沢山ひさちゃんから学ぶ。

これからも。
仮眠タイムなんですが。

びっくりしました。

電話がかかってきて、登録されてない番号。
普通の人は知らない番号は出ないと思うんですが、仕事柄名刺渡すだけで交換しないこともあるのでアタシは出てしまいます。

「…はい」
「あぁごめん、寝てた?」
「…うん」
「じゃあかけなおすよ。ちゃんと会って話したかったから」
「今日空いてるの?」
「いや、仕事だよ。別に今日空いてるからかけたわけじゃないよ。先の話としてさ」



…(-.-)

……(-.-)?


…Σ(゚д゚)品川くん!


寝ぼけながらも適当に話合わせてやっとわかった(笑)


「たまたまSDカードに入ってて。まぁいつものごとくプチっとしたからね(笑)」
「いや、今回はアタシも消しちゃったからわかんなかった(笑)」
「あ、左様でございますか(笑)」
「だってあんまりにも悲しかったから」
「メールしなきゃケンカにならないんだけどね。ごめんね、俺が悪いんだよね。だから会って話しようと思って。会いたくないならいいけど」
「別にアタシはいつでもいいよ、って言ってるじゃん」




とりあえず、GW最終日に会うことにしました。

そりゃぁ会って話したかったとは言ったよ。
でもそれはケンカしたあの時の話で、それが拒否されたから切り離して過ごしてきたわけで。

でもちょうど昨日、最後のメール見てまた泣けた自分が、吹っ切れてないのかな、って思った。
でもきっと素敵すぎた夢が、もう二度とない夢が、懐かしかっただけだ。
あの夢にリアルはない。
リアルじゃないからこそリアルなもっともらしい理由で切られたのが辛かったのだ。


パソコンからのメールも、電話番号も、過去の残骸から探し出したらしい。
品川くんらしからぬ感じ。
アタシだけが好きだったんじゃなかったと報われた気がする。









アタシは、どうしたいんだろう。
多分もう同じ夢は見られない。
欲しいものが何もない。
無欲で、無気力だ。

猛烈に会いたいと思う人がいないから、全てあやふやなまま。





これは一体どんな試練なんだろう?


落ちました。

日曜日、久々に赤ワインのおっさんが店に来て場内されて、お腹がすいたアタシにナポリタンをご馳走してくれました。
2時間ぐらいでポイントに行くと言っていたのだがママに連絡するとヒマなのと体調不良で早仕舞いとのこと。
ピーちゃんやらアタシの友達やらに片っ端から電話して誰も出ない!と予定が変更せざるを得ないのが癪に障ったらしくえらいご立腹。

「5万出すから開けてよ!じゃぁ10万でどうだ!!」

・………競りじゃねーんだよおっさん(-_-;)

おそらくさっさと掃除して片付けて友達とピーちゃんは飲みに行ってるんだろうなーと思ったので終ったら合流しよ♪と思いながら「皆休みなしで大変なんですよー」とフォローするが大ママにゴリ押しして結局3時過ぎにそっちへ行く、と帰っていった。

「電話してるのに出ないなんて失礼だよ!行くかも、って先にメールしてあるのに!」とえらく自分勝手なお怒りっぷりでしたので「そんな顔しないで下さいよ~。笑顔の(おっさん)が素敵ですよ♪」とぽんぽん、と背中を叩いてエレベータに載せたのですが、店長(部長)に「幼稚園の先生みたいだな(笑)」と言われてしまい、そんなこと言ったらまたおっさんヘソ曲げるだろー!!と思いながら心の中で舌打ちをしたのでした。

おっさんが帰ると待機になったのですかさず友達にメール。

『おっさんそっち行くから早く帰ったほうがいいよ!』

…………まぁなんつーか、酷い扱いですけど(笑)
めんどくさいことこの上ないんですもの。
年とともにそれがグレードアップしてること間違いなしです。

『もう55にいる~』

55という名前の小さいバーが近くにあり、最近はそこが行きつけなのでした。
良かった良かった(笑)

ほどなくして自分も上がりになり、『おいでよ~』という友達に誘われなくても行くつもりだった55へ。
閉まりかけみたいな店に行くとピーちゃんと友達と常連さんがいて、カウンターに座ってマスターに緑茶ハイを注文。

めんどくさいおっさんの話を皆でして笑いながら、その間も着信する携帯はそれぞれスルー(笑)

そんな中、待機の間に気になっていた品川くんからのメールの返信をした返信が返ってきた。
Copyright ©  -- 紅の日々 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]