忍者ブログ
走り続けるアタシの幸せな日々。 Seu sussurro me faz feliz.
足跡
大福帳
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新術発表
(09/23)
(09/22)
(09/19)
(09/18)
1+1
(09/16)
同志進言
[09/12 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[12/25 まさまさ]
[12/17 Lieut.]
愛玩動物
癒しの愛の手をどうぞ
忍法帖
HN:
篁 紅夜
性別:
女性
職業:
女OLキャバ嬢そして母
趣味:
はたらくこと
ココロの色
[talk]を押すヨロシ
堕落生活
だらだらしちゃってます。
時の刻
時は刻々と過ぎる…
体調管理
そなたと某の調子は如何に?
忍術探索
最古記事
(10/16)
(10/16)
(10/18)
(10/19)
(10/20)
虎の足跡
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

Why?寝付かれぬ夜 鳴り響く電話のベル
Sigh…虚ろな耳に 懐かしいあなたの声
Ah,とまどう心で 上手な返事を探せば
長い月日飛び越えて ときめくのよ
違う道を選んだあなたに
今ごろ愛打ち明けられても
引き返せないと知ってるから
この暮らし壊さないで

Why?強いあなたが 寂しさに負けるなんて
Lie!人恋しさは 年を取ったしるしでしょ
Ah,無邪気になれない 出会った昔のようには
受話器置いて 切なさに泣き崩れた
女心はいつも言葉と
裏腹な企み隠してる
どんなに遅すぎても告白
待ちわびて生きているの

Ah,失ったあとで 真実に気付くのは何故
それでもまた朝は来る 知らぬ顔で
もしもワインの酔いが醒めても
本気で好きとつぶやいたこと
心の片隅に覚えてて
密やかな恋の証

女心はいつも言葉と
裏腹な企み隠してる
どんなに遅すぎても告白
待ちわびて生きているの



 



1990/竹内まりや




仕事明けに女の子とラーメンを食べてお互いの男の話を散々して帰ってきた。
彼女を送って帰る道すがら、ラジオから流れてきた懐かしい歌にちょっと刺された。

女心はいつも言葉と裏腹な企み隠してる

ほんとそうだ。
打算とか下心とかそういうものじゃなくて、言いたいけど言えない、みたいなもの。
自信がないのかもしれないし、無駄に気を遣いすぎてるだけなのかもしれない。
でも、喉元から先に出てこない。

傷つけるのも、傷つくのも怖い。
どちらもせずには生きていけないというのに。

まだまだ、アタシには潔さが足りない。
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 紅の日々 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]