忍者ブログ
走り続けるアタシの幸せな日々。 Seu sussurro me faz feliz.
足跡
大福帳
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
新術発表
(09/23)
(09/22)
(09/19)
(09/18)
1+1
(09/16)
同志進言
[09/12 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[12/25 まさまさ]
[12/17 Lieut.]
愛玩動物
癒しの愛の手をどうぞ
忍法帖
HN:
篁 紅夜
性別:
女性
職業:
女OLキャバ嬢そして母
趣味:
はたらくこと
ココロの色
[talk]を押すヨロシ
堕落生活
だらだらしちゃってます。
時の刻
時は刻々と過ぎる…
体調管理
そなたと某の調子は如何に?
忍術探索
最古記事
(10/16)
(10/16)
(10/18)
(10/19)
(10/20)
虎の足跡
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あー、もう笑うしかない。

夕べも漏れなく飲みました。
ガキさんと、先日介抱してくれた子と、後輩と。
皆をポイントに集めてわいわい飲ませてもらいました。

別れることが悲しいのか?
一人になることが悲しいのか?
昔を思い出して悲しいのか?

後輩に聞かれました。
アタシは、昔を思い出して悲しいんだと思いました。
過去の幸せだった時の日記を読んでしまって泣けて、ほんとにすごく好きだったことを思い知る。
友達になれるかと問われると、なれないこともないけどやっぱり難しいのかな、と思ったのは、夕べ留めの一撃をくらったからです。



PR
たくさんコメントをもらっているのにレスできなくてすいません。
もうちょっと、元気が出たら順次お返ししていくつもりです。
かなりの燃え尽き感で気力が全然沸きません。
夕べ子供①に「今日ママ一回も怒ってないね」と言われて怒る気力も無くしていることに気付きました。
大嫌いになって別れればすごく怒ったりできるんだけど、すごく好きなまま別れるのは多分初めて。
モト旦那と別れるきっかけになった人も好きだったけど、納得いかないことが多くてそんなに大好きで別れたわけじゃないから腹いせに遊びに行ってやる、とか思えたんだけど。

落ちてるとかそんなんじゃなく、抜け殻って感じ。
お腹も空くんだけど食べたくない。
チョコだけは、溶けていくから食べられる。
今日は後輩と飲む予定なんだけど、また胃が痛くなってしまうような気がする。

とりあえず、ぼんやりでいい。
抗い様のない出来事は、流されればいい。

好きなら今からでも間に合うとちょこは言うけど、時間が必要なのは絶対。
だから、今、じゃない。
本当に縁があれば、いつかやり直す時が来るかもしれない。
今まで付き合った人で復縁してもいいと思えたのは、初めてだよ。
だから、後悔はしない。

多分。

起きたらメールがきてた。
初めての長文メール。
最初で最後の。

これは、コピペします。



〉彼氏らしいこと何一つ出来なかったし、悲しませてばかりだったと思う。自分のせいで、やな感じの終わり方になってしまったけれど、出逢ってから一緒にすごした時間、言葉にはださなかったけれど、楽しかった。もっと自分が紅の気持ちを大切に出来ればよかったと思う。自分の事ばかりでだめな男でした。もしも、いつか私の事を許せる事が出来たら、オオグロさんと私と紅でまた楽しくバカ言いながら、お酒でも飲みたいと思います。本当にごめんなさい。今までこんな私と付き合ってくれて有難う御座いました。 品川



今日は無駄にお休みを使ってみました。
無駄にワンピース着てかわいげ出してみました。
無駄に飲んだくれて潰れてました。

何か?

楽しくないこともないし、すごく楽しいわけでもない。
泣けばいいのに、と友達に散々言われながら笑って飲んでました。
潰れて立てなくなって、やっと泣きました。

飲み屋で知り合って介抱してくれた男の子はモト旦那に色んなことがそっくりで何の因果かと思ったらどんどん落ちていきました。

あたしは何をしてるんだろう。
あたしは何がしたいんだろう。
あたしはどうすればいんだろう。

女を捨てて母としてだけ生きていけたら幸せはもっと近かったんじゃないかと思ったりしました。

泣くってことは好きなのかな。
一人になったことが寂しくて泣いてるのかな。
夢みたいな恋が終わって感傷に浸りたいのかな。

ほんとに、夢みたい。
切なくて苦しくて辛いけど幸せな夢が終わってしまった感じ。
いつまでも夢見ていたかったから、悲しいのかな。

楽しいはずの現実の数々もすべて色あせるぐらい幸せな夢だった。
いつまでも、どこか現実感がなくて、ほんとに夢みたいだと思っていた。

フラれた。

いっぱい我慢してきたつもりだったけど、ちょっと余裕がなくなって言った一言で終わった。

そんなもんなんだな。

アタシは、そんなもんだったんだな。




店で泣いてしまったけど、怒られると思った店長に慰められてしまった。

まだ、大丈夫。

そんなんで壊れない人が、アタシにはたくさんいる。

ありがとう。
Copyright ©  -- 紅の日々 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]