忍者ブログ
走り続けるアタシの幸せな日々。 Seu sussurro me faz feliz.
足跡
大福帳
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新術発表
(09/23)
(09/22)
(09/19)
(09/18)
1+1
(09/16)
同志進言
[09/12 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[12/25 まさまさ]
[12/17 Lieut.]
愛玩動物
癒しの愛の手をどうぞ
忍法帖
HN:
篁 紅夜
性別:
女性
職業:
女OLキャバ嬢そして母
趣味:
はたらくこと
ココロの色
[talk]を押すヨロシ
堕落生活
だらだらしちゃってます。
時の刻
時は刻々と過ぎる…
体調管理
そなたと某の調子は如何に?
忍術探索
最古記事
(10/16)
(10/16)
(10/18)
(10/19)
(10/20)
虎の足跡
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日会社をサボって免許の更新に行くことを口実に、寝込みを襲うべくいつもと逆方向の電車に乗って品川君の部屋へ行きました♪

ま、結局何をするでもなく一緒に寝てただけなんですが、いつもは極カジュアルでボーイッシュだったりする普段着とは違い仕事用のシャツ&ロンスカでした。

寝坊だ、と慌てて起きてバタバタと出勤した品川君を見送って講習行くかな~、とちんたら駅に向かって歩きながらふと台所に食器が積もっていたのを放置してきたことを思い出し、メール。

「ごめんね、洗い物何もしないで出てきちゃった。今日も頑張ってね」

すると電車に乗った頃返信が来ました。

「気にしないで。今日はいつもと違う格好でかわいかったよ。またね」

イヤ―――――ヽ(*≧∀≦)ノ―――――――ン♪♪

ちょっと、ほんと素敵すぎっ、品川君!!!(←ベタ惚れw

だってそんなこと、言ってくれる人そうそういないでしょ?!

しかも苦手なメールで☆

多分電話や、直接でも言ってくれる。そういう人だ。

感じたことを、きちんと伝えてくれる。

だからアタシは安心して過ごせる。

プライドの高さが難しいところだけど、どうにかそのプライドギリギリまで歩み寄ってくれる品川君に、惚れないでどうする?!的なものを感じてしまいます♪

日曜から1泊で社員旅行&忘年会に行ってしまうためそれを最後に、あとは帰ってきてから会うことにしよう、と極力迷惑じゃないように(一人の時間を邪魔しないように)「忘年会明けまで行くのガマンする。楽しんできてね」とメールをして、電話をするタイミングが掴めないままメールも控えめのがいいよな~、と極力しないようにしていたのだけど、「今日も疲れた~ ちょっと飲んで寝る。おやすみ」とか「忘年会でコンパニオン口説く資金稼ぎに行って来る(笑)」とか、送ってないのにメールをくれて、あたしの気力がチャージされる。

アタシの過去に、こんなに気遣いのできる男はいただろうか?




初めての男


初恋の男


通り過ぎた男






その後。

ポークビッツを持ったアメリカさんに犯された後もアタシはめげずに飲んだくれておりましたw

働き始めが春先。

飲み始めて季節は夏になってまいります。

恋の季節ですね♪w

恋がしたかったですね。

そんな気分でほぼ毎日飲んだくれていたわけですが。

いつもの飲み屋(バー)が海辺でBBQをやるとのこと。

人は多い方が楽しいじゃん、そんなときって。

・・・・・・・ということで。

幼馴染の男友達を呼び出して海辺で飲んだくれ、先輩は彼氏の家に行くから先輩の部屋に泊まっていけ、ということになりお言葉に甘えて友達と二人でばったり就寝。

えぇ、それは何もなくw

友達ですんで。

一応腕枕はして頂きましたが(笑)腕枕好きなので(←そーゆー問題か?ww

その翌週か翌々週ぐらいにはたまたま連絡を受けてしまった初めの男と会うことになり、どうせなら、と呼び出していつもの店で飲み、またしても先輩の家に泊まることに。

男はアタシと別れた後同じバイト先にいた女の子と付き合ったらしいのだが長くもたなかったらしく、方々で「紅じゃないとダメだ」とか触れ回っていたそうなww

迷惑だ、っつのww

女の子はアタシも仲良くしてた子で、「●●さんいいですよね~優しくて、羨ましい~。私も●●さんみたいな彼氏が欲しい」ということをよく言ってたので別れたら付き合うだろうな、とは思ってましたが、付き合ってみたら「紅さんと付き合ってた時の●●さんが良かった」と言われたそうです(笑)

で、それを聞いたからって復縁とかないから!!!

というのも聞かず、ヤられるアタクシ。

確かにいいモノをお持ちでしたが(笑)

例のアメリカさんに見習って欲しいぐらいで(ムリだけどww)この歳になってなお最大級を誇っておりますが、そんなもん必要ありません。

つれーんだよ、逆に!!!(ぁw

ということで(どーゆーこと?w)、それを本当の最後にしていただきました。

それからパチ屋のお客様と交流を深め、休憩に入る時に大金と換金した同い年の男、岡村(隆史に似てた・笑)に出くわしました。

「お、すごいじゃん♪何ご馳走してくれんのかな~♪」

「えぇ~、いきなりかよ」

「いいじゃんどうせ一人なんでしょ?」

「じゃぁ何食いたいの?」

成功です☆

今までになく背の小さい岡村はアタシとほぼ同サイズで、紳士服屋の副店長でした。

長距離通勤をしていたアタシは岡村と飯を食って家に遊びに行ったその日にヤってしまったので付き合うことにして寮であるアパートに住み着いて通勤時間を短縮するということに成功しました(笑)

居候の身なのでちゃんと飯は作りましたよ♪

弁当まで作って持たせてやってました。

基本尽くすタイプなので実家におきっぱだった原チャリも持ってきて岡村の通勤用に貸してやったのですが調子が悪く、通勤途中で動かなくなったため乗り捨てやがってまんまと盗まれてしまいました(-_-;)

ギャンブル好きで休みも合わず、家でもゲームに興じる岡村に興味がなくなるのも時間の問題です。

どのくらいそんな生活を送っていたか定かではありませんが、実家に戻った際、家に出入りしていた親父の仕事仲間で鳶の職人とよく喋るようになり、誕生日にプレゼントをもらってちょっと高級感のある料亭のようなところに連れて行ってもらい、流れでホテルへ・・・

かねがね浮気したら別れると言っていた岡村にそのことを告げ、休みが合わなくて楽しくないので別れたい旨訴えたのだが「1回なら許すから」と言い出す始末ww

ほんとにごめん、と泣きながら訴え、いつの間にか増えた自分の荷物を車に載せて、実家に戻った。

その後鳶の男は「一応取引先のお嬢さんだし今は仕事でいっぱいいっぱいで付き合ったりとか考えられない」とほざいたので「別に付き合って欲しかったわけじゃない」と軽く気分を害してそれきり、挨拶程度の関係になった。

別れたのだから、と再びいつものバーに通うようになり、同じパチ屋で働いていた男の人、村田さんが常連のギタリスト、ドラマーと共に、従兄弟のベーシストを入れてバンドを作ることになったというのでスタジオに遊びに行ったりすることに。

見た目は布袋っぽくイカツイ顔立ちで体格もいい村田さんはボーカルだったのだがパンク系で相当カッコイイ叫びを上げていた。

そう、目つき悪い+ゴツイ+歌上手い=落ち。(笑)

スタジオの後は決まって飲み、酔っ払って村田さんの家に皆で雑魚寝する中声を殺して行為に及ぶ。

だからといって付き合うのどうのというわけではなく、ただしたかったからしただけだ、とあっさり切り捨てられる。

その頃村田さんの友達だという秋山さんというギタリストが参戦。

パンク好きな彼は笑顔のかわいい男で、店にも来るようになったある日、ホールを抜ける時に見かけたアタシは「よっ」と声を掛けて他愛もない話をして夜はまたバーで、と普通ノリ。

バーでは時々イベントみたく生演奏の日があり、その日もそんな感じで常連やファンが終結して明け方まで宴は続いた。

「もう寝ないで行くしかねー」

という秋山さんに「どこまで行くの?」と聞くと聞いたことのある地名。

「昼間用ないから送ってってあげるよ」と常に車移動だったアタシは親切にも仕事場まで送ってあげることに。

「え?なんで?結構遠いし、俺勘違いしちゃうけど」

「え?ただ暇だから」

そして思ったより本当に遠くてかなり後悔したが、到着して「ありがとう」と熱い抱擁と口付けをしてきた秋山さんと、付き合うことになったのだった。




PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
無題
投稿者: 蒼人 URL 2007/12/09 22:25 編集
?ヤってるとこしか・・・w

記憶のアレもあるけどここの二人は今の品川さんよかよっぽど程度の低い奴だったんだなぁ~と勝手に妄想してw

まさか二人も出てくるとわw

さすがはモテ女w出会いと別れの回数が(´∀`)
蒼〉
投稿者: 紅 URL 2007/12/09 23:11 編集
うん、そう、ヤ○○ンと呼ばれてもしょうがないよね~って自分でも思ったけど、その都度ちゃんと惚れて本気でしちゃうんだよねぇww
間違っちゃいけないのはモテたんじゃなくて、雑食だっただけなんだよ(-.-;)

それからいくと今はなんてウブなんでしょう♪って思ってさ~(笑)
無題
投稿者: ろっそ 2007/12/10 00:49 編集
ん?

つまりは、

過去のヤッた話、やんね?(笑)

(*゚∀゚)b



ふむふむ、

大きければ、
良いってもんでもない、と…。

Φ(._.)



で?

狼さん♂は、

どやったん??(笑)

(*´艸`)



…えっ!?



まだ、ちゅう、だけ??

Σ(゚∀゚ノ)ノ



いやいや、

今日のお話読んだら、

とっくに餌食になっとるもんやと…☆(笑)

(´∀`)y━~~~



狼さん♂が、ね♪(笑)

(*´艸`)



正直、どうなんすかー?

狼さん♂、おいしそう??(笑)

(ノ゚∀゚)ノ






まーね、

僕、ノリとか、

ひとが横で寝てるとこでとか、

したことないから、

僕の方が、

ピュアやんね☆(笑)

(´∀`)y━~~~



だから、

フ●ラは負けでいいっすから(笑)

(゚ロ、゚;)













ぶっちゃけ、欲求不満っすか?(笑)

(*´艸`)



僕は今、

「後ろから、だっこしたくてたまんない」の、

欲求不満っす…。

(;'~')

ろっそさん>
投稿者: 紅 2007/12/10 11:26 編集
平たく言うとそうだけどさー(笑)
アタシの中でヤることってすごく気持ちが必要なもんで。
そんだけ惚れっぽかった、ってことを言いたかったのかなぁ(-_-;)

もう全然寝てなくて頭痛起こしながら打ったからなww
まぁアホ女ですよw

え?
狼さん?w
まぢでちゅーだけなんっすよ(笑)
勿体ぶってるんっす♪
まだ微妙なところを楽しみたいんですよ☆

もちろん美味しそうに決まってるじゃなーい♪(笑)
品川君を食べたいことに欲求不満、を溜めてるのw

焦らすのも焦らされるのも大好きだからっ(*´∀`)ポッ

後ろから抱っこ、はたまにしてくれるよー♪(*´艸`)ププ
無題
投稿者: ろっそ 2007/12/10 13:25 編集
あーあ、

また“おのろけ”されちゃったやん★(笑)

(´∀`)y━~~~



ま、

今はまだ、味見、くらい?(笑)

(*´艸`)



紅ずきんちゃんは、

狼のお口の大きさに…



驚くことなく、

たまらず、

ちゅうしてしまいました、とさ。



って?(笑)

(*´艸`)



ブログ読んでる、

僕が焦らされてるやん(笑)

(゜ρ゜)










とか、

ツッコみつつ、

焦らすとか、焦らされてるとか言いつつも、

自分の恋心と、

彼氏(←だよね☆)さんとの関係を、

大事にしてる、紅さんに、

正直、惹かれます☆★

ヽ('∀'*)ノ

ブロ友としてねー。



ま、過去に、

紅さんに、

気がなかったわけでもないよーな気もするけど(笑)

(゚∀゚ノ)ノ



身体はともかく(笑)

気持ち、大事にしてね♪♪



って、僕なんかに言われんくっても…

ねっ☆















で?



ポークピッツ??(笑)

Σ(゚∀゚ノ)ノ



詳細…






いらんしー(笑)

(´⊿`)y━~~~

ろっそさん>
投稿者: 紅 2007/12/10 15:12 編集
ふふふ( ̄∀ ̄)ニヤリ
とっても大事にしたいし、してるつもりだし、多分されてるので今は無敵な感じ(笑)

味見味見、って言いながらいつの間にか大半食べちゃってる、みたいな感じに持って行くかなー(笑)

ろっそさんだって、素敵な片思いしてるくせに♪
いずれアタシよりあまーいブログを読ませてくれるんだろうなぁ♪♪

え?
ポークビッツダメだった?
じゃぁしめじがいい?

そうじゃない?(爆)
無題
投稿者: chocoice URL 2007/12/10 16:44 編集
秋山さんって、あの、恐怖の秋山?(笑)
ちがう?

惚れっぽさは、あたしも同じだけどもなぁ
エッチはしたくてするもんだからなぁ。
きっと紅がそうなるのは、あれだよね、無価値感?ちがう?(笑)
だからエッチに意味を持たせたいというかさ、するから好きになって、的な感じだったのかな?
とか。
だから、捨てられた、とか思うのかもね。
捨てるとか捨てないとかじゃ、ないんだと思うからさ。
きっと、無駄に傷ついてきたんだろうねぇ。。

ま、今がよけりゃ、もうそれでいいのよ(笑)
ちょこ>
投稿者: 紅 2007/12/10 17:33 編集
そうだよー、ついに恐怖の秋山さんの話に突入だよー(汗)
まぁ殆ど知ってるからね、ちょこはw

そうそう、多分無価値感なんだよね。することで必要とされてる、って思いたいというか。
今はもう捨てられたとか思わないけどさ(笑)やっぱどこか淋しいと思うところはあるよ。
まぁ品川君がいる限り大丈夫なんだけど、今までは、って振り返った話をしたかったので。
それを考えると大分違うなぁ、ってのを実感したいというか(笑)

傷つかなきゃ強くならないしね。
多分それはそれで必要だったことで、だからこそ品川くんに魅力を感じるんだと思うわ。
そゆことにしといて(笑)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 紅の日々 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]